小川冷熱業務ブログ

エアコン工事・電気工事・アンテナ工事 ・防犯カメラ工事等 一般住宅から法人・業務用まで。東京都練馬区の小川冷熱電機工業の業務日記

2013年12月

集合住宅共用部電源 タイムスイッチ交換工事

こんばんは。今回はタイムスイッチの交換工事をご紹介いたします。
こちらの案件は管理会社様よりのご依頼です。 
現場は渋谷区です。


現状ですが、既存タイムスイッチの時間ズレが酷く、共用部照明に影響するとのこと。
下記が既存タイムスイッチです、かなり古いタイプです・・・・
 1


続いて交換をするわけですが、交換をするには共用部主電源を落とす必要が御座います。
当然、共用部関係の電気は止まりますので、エレベーター、オートロック、ポンプ関係は
停止いたします。事前に許可をとり本工事となります。


工事際は既存の配線を覚えておかなくてはなりません。 下記です。
2
 

そして新しいタイムスイッチを取り付けます。現在の物はデジタル化させており、
設定も容易です。
3


集合住宅に設置してあるタイムスイッチはかなり古くなっている場合も御座いますので
一度お確かめをお勧めいたします。
時計にズレが出ますと、夜間照明点灯時間もズレてしまいます。

では、また次回に。

 

マンション共用部漏電調査 その3

こんばんは。
今回はマンション共用部漏電調査の完結編です。

前回までは器具に侵入した水分を除去する作業までお話しました。
今回は交換器具が入荷されましたのその取付作業となります。

まずは現状です。器具を外してトップカバーのみをつけています。

1
カバー外した状態です。パッキン、中ガラスです。
2

 

こちらが新品の器具です。山田照明製 AE-4802 です。こちらは受注生産品です。
3


新品のパッキン、器具、ランプを取り付けます。
4

中ガラス、トップガラス取り付けます。
5


最後に点灯確認をします。漏電ブレーカーも作動はしませんでした!
6


これで3回にわたってご紹介しました漏電調査のご報告は終了となります。
器具が受注生産品な為、納期がかかってしまいましたが無事完了しました!

では、また次回に。

 

地デジアンテナ設置工事 サイドベース設置例

こんばんは。
今回は地デジアンテナ工事のサイドベースを使った工事例のご紹介です。
こちらは弊社HPよりご依頼のお客様です。有難う御座いました。
現場は練馬区です。


まずは現状です、この壁面に設置します。

1


ちなみにこちらがサイドベース本体です、DXアンテナ製です。
2


サイドベースの取り付け時には裏面にこのようにコーキングをタップリ塗ります。
コーキングを施すことによってビス穴からの雨水等の水分の侵入を防ぎます。

3

 
壁面に取り付け、水平をとります。以前にもご紹介しましたがこの水平を
とる作業は重要なことです。受信状態に影響します!! 

4


アンテナとブースターをマストに取り付け完了となります。
6


おっと、忘れてました・・・配線のサドルはサビに強い、ステンレス製を使用し
ビスにはコーキングを施します。こちらも重要ですね。
5



最後にTV端子での受信確認です。
今回は屋根上では受信レベルが低かったのでブースターを設置しました。
測定しますと、ご覧の通りレベルはバッチリです!
7
室内にTVが無くても映像確認ができます!

8


サイドベースを使った工事はこのような流れです、ご参考になりましたでしょうか?
では、また次回に。


 

ミニキッチン用IHコンロ更新工事

今回はワンルームマンション等でよく見るミニキッチン用コンロの交換工事のご紹介です。
 今回も不動産管理業者様のよりのご依頼です。


既存コンロです。1口型電気式のタイプです。
1
 

取り外します・・・
2

入れ替え用のコンロは三化工業株式会社製SIH-B113Bです。
3

既存コンロは操作部が別に分かれています。これも取り外します。 
4

当然穴が開いた状態になるのでメクラプレート取付完成です!!
 5

このような簡単な工事で最新のIHコンロに変更が可能です。
御用命お待ちしております。
では、また次回に。
 

地デジ/BS/CSアンテナ工事  屋根馬設置例

本日は地デジ/BS/CSアンテナ工事事例のご紹介です。
弊社HPよりご依頼のユーザー様です。有難う御座いました。
内容的には既設VHFアンテナを撤去し新規に地デジBS/CSアンテナを設置するといったものです。
現場は練馬区です。

まず、既設アンテナを撤去いたします。

1


続いて支線アンカーを交換します。下記は交換前です、かなり傷んでいます。
2

新規に変えました。
3


続いてマストの準備です。マストのトップにはご覧の通り、マストキャップを取り付けます。
これの効果はマスト内のサビ防止と風切音の防止です。

4


マストを設置します。この時大事なのはご覧のように水平をキチンと測ることです。
これを怠ると電波受信に影響が出ます。

5

地デジアンテナを取り付けました。
6

この時点でアンテナ調整をし、受信レベルを測定します。
ご覧のように80db近くあります。感度良好です!! ブースターは必要ありません!

7

続いてBSアンテナを設置し、混合器、2分配器を設置します。
9

BSアンテナのレベルです。
5

支線を強化して設置部分工事は終了します。
10


最後に室内TV端子にて受信確認をします。
地デジのレベルは10db程度落ちましたが受信には影響御座いません。

11

映像確認です。バッチリです!
12


BSも受信確認をして終了です。
今回は既存ケーブルに接続する一般的な更新工事を行いました。
また既存ケーブルの劣化が少なく、問題ない状態で地デジBSとも視聴できました。

では、また次回に。







 

有限会社小川冷熱電機工業

エアコン工事・電気工事・地デジアンテナ工事なら一般住宅から法人・業務用まで、東京都練馬区の小川冷熱電機工業にお任せ下さい

エアコン工事・電気工事・地デジアンテナ工事の小川冷熱電機工業(東京都練馬区)ホームページはこちらから

ギャラリー
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆