小川冷熱業務ブログ

エアコン工事・電気工事・アンテナ工事 ・防犯カメラ工事等 一般住宅から法人・業務用まで。東京都練馬区の小川冷熱電機工業の業務日記

2014年10月

地デジフラットアンテナ/BS/CSアンテナ工事

こんにちは。

最近はめっきり寒くなり、一気に秋が来た感じがしますね。
さて、今回は地デジアンテナ、BSCSアンテナ工事のご紹介をいたします。
こちらは弊社HPよりご依頼頂きましたお客様です。有難うございました。


現場ですが、新築住宅への取付となります。
設置位置は2Fの右壁面となります。
 13


今回使用する部材です。DX製 UHA810、サン電子製CBD-045B、DX製 GCU33L2です。
 39


DX製 UHA810フラットアンテナです。最近はこのタイプが人気ですね。
コンパクトでデザイン的にもいいです。 
 32


設置工事にはいります。まず、取付金具裏面にコーキングを施します。
これはビス穴から雨水等の建物内への侵入を防ぐ目的があります。
 16


取付金具を設置します。この時水平を正確に出します。これを怠ると受信レベル等に
悪影響を与えます。
 49
38



アンテナを設置後、レベル測定をします。
レベルは55dbで少々低いです。MER,BERは問題ありません。

「 
MER,BERとは?」下記弊社HPをご参照下さい。
 http://www.ogawa-reinetsu.com/service/antenna/index.html
54


この場合はブースターを設置します。ブースターは
DX製 GCU33L2です。
 04


BS/CSアンテナを設置します。同様に水平を正確にとります。
55


引き込み線は建物反対側にあるため、ケーブルの引き回しをします。
58


軒下部分を這わせる場合はご覧のように挟み込み金具を使用します。
ビスを打つこと無くケーブル止めが可能です。
04


引き込み線に繋ぎ、室内でレベルチェックします。同時にブースターを調整します。
レベルは75db近くまで増幅できました。
47

 

設置後外観です。
35
 
ご覧の通り建物の美観を損なわない工事が出来ました。

アンテナ工事下見お見積りは無料です。ご利用をお待ちしております。
お申し込みは弊社HPまで。

http://www.ogawa-reinetsu.com/index.html


では、また次回に。 

ルームエアコン工事  室内引き配管例

こんにちは。

10月も半ばを過ぎて、すっかり寒くなってきました。
そろその暖房をお使いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何かの記事で読みましたが、ある一定条件で部屋を暖めるのに一番ランニングコストが 
掛からないのが、エアコンだそうです・・・ご参考に・・(笑)

 さて今回は室内配管引きがある工事例をご紹介いたします。
こちらは法人様よりのご依頼です。

室内機側はご覧のように 配管が下の方に伸びています。
 55


内機を取外します。
27
 

新しい室内機を設置し、配管工事をいたします。電動フレアにて施工します。
 29


トルクレンチにて締め付け作業をします。
 22


続いてドレン工事ですが、今回のような室内側に露出する場合は、
通常の屋外用ドレンホースを使用すると結露しますので、断熱ドレンホースを
必ず使用致します。 
 31
31


次に室外機側工事です。
配管を長さに合わせてカットします。
 20

配管をカットしたら断面を綺麗にするため、リーマでバリ取りをします。
20


 続いて電動フレアにてフレア面を作ります。
電動フレアを使うことによって、均一なフレア面を作ることができます。
 41


トルクレンチを使用して締め付けます。
規定トルクて締め付けできますので、締めすぎ等の不良が無くなります。
 23


最後に真空引きを行います。配管内の空気や水分を除去します。
とても大事な作業です。 
 03


更新後の室内、室外機です。
 57
25


ご覧様に綺麗に仕上がりました。
室内に配管を通す場合は今回のように断熱ドレンホースを使用するのが
重要となります。

では、また次回に。
 

漏電ブレーカー交換工事 集合住宅共用部電源

こんにちは。

今回は漏電ブレーカーの交換工事例をご紹介いたします。
管理会社様よりのご依頼です。

現状ですが、当初ご依頼内容は「台風後、漏電ブレーカーが落ちる」とのことでした。
こういった場合の多くは、外回りの外灯などが漏電している可能性があるのですが、
今回は器具の漏電は無く、どうやら漏電ブレーカー自体の問題のようです。


分電盤です、古いタイプのものです。
51



中の状態です。
一番上のブレーカーが問題あるブレーカーです。
レバーが真ん中で止まっています(漏電を示しています)
36


新規漏電ブレーカーを取り付けます。ブレーカーは三菱電機NV-50KCです。
48
54



取り付け後、動作確認をいたします。
49

各器具とも問題なく動作しています。
今回はブレーカー不良で誤動作しておりました。
前回もお伝えしましたが、古い漏電ブレーカーは誤動作を起こしやすくなってきます。
早めの点検交換をお勧めいたします。

では、また次回に。

 

分電盤交換工事  マンション編


こんにちは。
今回は分電盤交換工事をご紹介いたします。

内容ですが、マンション内装工事に合わせて分電盤交換工事を行うといったものです。
管理会社様よりのご依頼で、現場は墨田区です。


現状ですがご覧のようにかなり古いタイプの分電盤です。
スチール製でガッチリしてます!
 1
2



それでは作業開始です。
まず、電気メーターの室内側に通じている電線を外します。
当然電気がきているので絶縁ドライバーを使用いたします。
 6
7



続いて分電盤側のリミッターを外します。
分岐ブレーカーの電線を外し、マーカーを付けます。
8
9


 
既設分電盤を外した状態です。
内装工事が入るのでクロスを気にせずで思い切って作業ができます・・・(笑)
10



今回使用する分電盤はパナソニックBQRF3462 フリースペース付きです。
フリースペースには別系統の温水器用ブレーカーを取り付けます。
3
5 (1)


新しい分電盤を取り付けます。
続いて、リミッター、分岐ブレーカーに既設配線を取り付けます。
この際、マーカーを付けた電線を間違えないようにします。
11
12


取り付け後、各経路に問題ないか確認して通電します。


トップパネルを付けた状態です。
13
14


ご覧のように綺麗に仕上がりました。
分電盤が古いのもそうですが、漏電ブレーカーが古くなってきますと誤動作を
起こす可能性が御座います。
 
ご家庭の分電盤を一度お確かめ下さい。
工事のお見積りは無料です。

では、また次回に。
 

有限会社小川冷熱電機工業

エアコン工事・電気工事・地デジアンテナ工事なら一般住宅から法人・業務用まで、東京都練馬区の小川冷熱電機工業にお任せ下さい

エアコン工事・電気工事・地デジアンテナ工事の小川冷熱電機工業(東京都練馬区)ホームページはこちらから

ギャラリー
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆