こんにちは。

最近は雨模様が多く、屋外の仕事がはかどりません・・・・・・
早くお日様が見たいですですね~

今回はDXアンテナ製 「デジキャッチ フラットシリーズ」を使用した施工例を
ご紹介いたします。
今回の案件は弊社HPよりご依頼頂きました、 有難うございました。

現状ですが、光ファイバーでTVを視聴されており、 そこからの移行となります。
アンテナ設置場所は2Fベランダ壁面でレベル確認が出来ました。
27


では、施工開始です。
いつもの様にベース裏にコーキングを施し、水平をとりつつ壁面に取り付けます。
23
 20


続いて本体を取付、受信方向をレベルチェッカーで確認します。
58
24



ご覧のようにCN比は問題ありませんが、レベルが低いですね。
よってブースターを取り付けます。

ブースターは最近モデルチェンジしたDXアンテナ製のBU433D1です。
このブースターの特徴は33db、43dbの両方が使えるデュアルブースターです。
今までは33形、43形は別々のモデルでしたのでこれは画期的です。
24
04

 
ブースターをアンテナ裏側に設置します。
画像ピンボケです・・・・・・
 05


電源部は室内に取り付けます。
25


ブースター設置後、再度レベル測定をします。
各チャンネルとも85~90dbとなりました。良好です!
51


本体設置後です。
27



ご覧のように受信状態も問題なく、作業が完了致しました。
今回の案件の様に、光ファイバーやCATVからの移行工事は、
設置後のランニングコストが全然違います。
有料でTVをご覧の方は一度ご検討してみてはいかがでしょうか?
お見積りは無料です。

http://www.ogawa-reinetsu.com/index.html

ではまた次回に。