こんにちは。

今回はルームエアコン更新工事に於ける 隠蔽配管工事をご紹介いたします。
こちらの案件は、管理会社様よりのご依頼です。
現場はデザイナーズマンションの3Fで室外機は1F地面置きになっております。
 
46
 22


まずはエアコン内のフロンガスを室外機に戻す為、強制冷房運転でポンプダウン作業を行います。38
58

 
室外機に繋がる配管はご覧のように壁から1m程出ています。
27


室外機を取外し後、室内機を取外します。
ご覧のように壁面内から配管等が出ています。
21
47

続いて新規室内機を既設配管と接続するわけですが、ご覧のように既設配管の
長さが足りません。
この様な場合は「ユニオン」を使用し配管を延長接続いたします。
11
32


フレア接続の際には配管口のバリ取りをします。
この作業によって綺麗なフレアを作成出来ます。 
35


ユニオンを接続した状態です。
23
 

続いて室内機と接続をします、 この際はトルクレンチを使用し規定トルクで締め付けます。
締め付け後、保温テープを巻きます。
21
14


ドレンを接続します。
31


続いて室外機の接続です。
10


室外機を接続後、真空引きを作業をします。
数十分後、ポンプを止めゲージの針が戻らないか確認します。
44
54


真空引き完了後、ガスを戻し試運転を致します。
尚、隠蔽配管な為、ドレン管の排水テストをします。
56


運転確認後終了です。
15
35


以上、隠蔽配管工事のご紹介でした。

 隠蔽配管工事を敬遠する業者様も多いようですが、弊社では隠蔽配管工事を得意しております。
他社様で断られた案件が御座いましたら、一度弊社にご相談下さいませ。
下見お見積りは無料で御座います。 
 http://www.ogawa-reinetsu.com/index.html