今回は非常用照明、誘導灯のLED化工事をご紹介致します。

今回の案件は管理会社様よりのご依頼となります、有難うございました。
現場状況ですが、6F建のビルの各階にFL20形×2灯非常用照明と、 FL10形誘導灯が設置されています。
こちらをLED化する工事となります。

下記は既設非常用照明です。ランプが切れている器具や、
バッテリーが切れているものが混在しています。
 29


既設器具を取外します、配線は三線式です。
46
30


LED非常用照明はPanasonic XLG210DEN FL20形器具2灯相当品です。
こちらの器具はiDシリーズという名称でスタイリッシュなデザインが特徴です。
また、ライトバー(ランプ部分)を容易に交換出来るのも優れています。
59


器具を取り付けていきます。
54


ライトバーを取り付けます。
42

 
点灯させた状態です、かなり明るく感じます。
停電時には本体画像右にある丸いLEDランプが点灯します。
00



続いて誘導灯の交換工事です。
既設誘導灯は小型と中型が混在しております。
こちらのLED器具はPanasonic FA10312LE1とFA20312LE1となります。
 
既設誘導灯を取外します。
10
03
37


LED誘導灯です。コンパクトサイズです。
06


器具を設置します。
52
45

 
点灯確認して完了です。
29
 

下記は中型の既設誘導灯です、器具が半埋め設置されていますので、
リニューアルパネルを使用し施工します。
32
03

以上で非常用照明と誘導灯のLED化工事は完了しました。

非常用照明や誘導灯の蓄電池(バッテリー)には寿命が御座います。
また、器具の適正交換時期は10年前後と言われております。
古い器具を使用させているお客様は一度点検をお勧め致します。

ではまた次回に。