こんにちは。

GWも終わり、仕事モード全開です!・・・・とはいかず、連休ボケです。

さて、今回はエアコン工事における隠蔽配管工事のご紹介です。
隠蔽配管工事は前にご紹介したことが御座いますが、今回は窒素ブローの施工例も
ご紹介いたします。

今回の案件は弊社HPよりご依頼頂きましたお客様です、有難うございました。
現場は練馬区でビルのワンフロア内です。

現状ですが、ご覧のように機器を外した後の配管等のみが残っております。
13


ドレンですが、この様に室内機付属のホースがそのまま付いています。
この場合はこのドレンに接続するしかありません。
17

 
さて、既設配管ですが暫くこの様な保存環境であり、配管内の状態が不明です。
入替えであれば既設エアコンをポンプダウンすれば問題ありませんが、
今回は既設エアコンの取り外し時の状況が分かりませんので念のため、
配管内を簡易洗浄(窒素ブロー)いたします。
窒素ブローとは既設配管内に窒素を送り込み、水分、油分、細かい異物等を配管外に
排出する作業です。窒素ブローを施すことにより、配管内が現状よりクリーンになります。
24

 
窒素を流すと配管内から油が出てきました、やはりやっておいて良かったです。
 09


続いて室内側の配管作業です。 
既設配管が短い為、延長をしますが通常ユニオンを使用して配管延長しますが、
弊社では出来る限り可能であれば溶接工事をいたします。
ユニオンより溶接の方がガス漏れに対して確実だからです。
14



配管延長後、接続をし保温作業をいたします。
27
43

 

問題のドレンも無事接続出来ました。
48



続いて室外です。現状はご覧のようになっています。
19
 

こちらも溶接にて配管延長作業をいたします。
 50


接続後、真空引きです。
14


試運転前に、ドレンの排水テストをいたします。
55



ドレンに問題がないようですので試運転をいたします。
36 - コピー
19


ご覧のように問題なく完了いたしました。
古い配管を再利用際は窒素ブローをお薦めいたします。
では、また次回に。
 
【エアコン工事・電気工事・アンテナ工事・防犯カメラ工事】
 東京都練馬区 有限会社小川冷熱電機工業 03-3995-0135
http://www.ogawa-reinetsu.com/index.html