今回は集合住宅に於ける、インターホンとキーシリンダーの更新工事を
ご紹介致します。

現場は約30戸が入るマンションです、築約20年で修理の際のインターホン部品がもう生産
されないとメーカーから連絡があり、同工事となりました。
また、この物件はオートロックキーと各戸のキーが別々な為、入居者様には不便なこと
になっております、この件も今回の工事と同時に行うことになりました。


既設インターホン親機集合盤です、今回工事の案内告知をしました。
39


工事は親機等の交換から始めます、物件に空室は無く全て入居済な為、各入居者様の
ご都合に合わせて交換工事を進めて行きます。当然に全ての部屋の工事を1日では終わりませんので、
工事が終わった部屋と旧インターホン&キーを使う部屋が混在します。
その為、オートロックキーシリンダーを一時的に2種類設置し、各入居者様に対応して行きます。
57


続いて、インターホン子機の交換です。

29
49


交換後の子機です、既設機器はNationalでしたが今回はアイホンにてリニューアルします。
26


室内側親機の交換です。既設機器を取外し後の穴が露出してしまうため、
リニューアルパネルを使用しました。
49
19
30


リニューアルパネルを取り付けます。
13


親機を取付し、動作確認後各項目の設定をし終了となります。
27
39
19


各お部屋でのインターホン工事と同時にキーシリンダーも交換致します。
41
54
これでキーが1本化になりました。

全ての部屋のインターホン、キーシリンダーを交換後、最後に仮設オートロックを
撤去し、全ての工事が完了となります。

47
56


今回のように、弊社では集合住宅向けのインターホンやキーシリンダーのリニューアル工事も
お受けしております。
御用命をお待ちしております。