こんにちは、今回は分岐ダクトチャンバーを後付する施工例をご紹介致します。
今回の案件は弊社HPよりのご依頼です、有難うございました。

現状ですが、オフィス改装時に仕切りを作り区分けされる部屋が3箇所出来る為、
既設天カセ形エアコンに分岐ダクトチャンバーを取り付け、風を送る作業となります。
2019-05-13 15.24.32
2019-05-13 15.24.40


室内機周辺の天井ボードを外します、ボードはジプトーンのビス止めでしたので
取り外しは容易です。
2019-05-13 09.43.53


こちらが分岐ダクトチャンバーです。ダイキン用KDJP55C80です。
2019-05-13 09.44.56
2019-05-13 09.45.04


室内機側板を切り離します。
2019-05-13 09.54.56
2019-05-13 09.58.59



いよいよチャンバーの取り付けです、吹出口周り、チャンバーに付属の保温材を付けます。
2019-05-13 10.15.58


続いてフレキダクトを取り付けます、ダクトは風神150Φです。
2019-05-13 14.41.00


続いて吹出口を作成します、天井を開口しグリルを取り付けます。
2019-05-13 10.54.58
2019-05-13 15.24.13


グリルにダクトを接続します、最後に接続部をバンドで止めて完了です。
上記の作業を3箇所行いました、既設エアコンはマルチエアコンでしたので、
1台は2箇所、もう1台は1箇所にチャンバーを取り付けました。
2019-05-13 14.44.34


試運転をして風量確認後工事完了となります。

弊社では後付の分岐ダクトチャンバーの取り付けも致しております。

お見積りは無料で御座います、お気軽にお問い合わせ下さい!

有限会社小川冷熱電機工業 03-3995-0135
http://www.ogawa-reinetsu.com/index.html