こんにちは、今回はデザインアンテナ・4K8K対応衛星アンテナ工事をご紹介致します。
今回の案件は弊社HPよりご依頼頂きました、有難うございました!

では、作業開始です。まずはデザインアンテナから取付けていきます。
アンテナベースを壁面に水平を出しつつ取付けます。
2020-04-02 10.04.10


本体を取付けます。アンテナはDXアンテナ製 UAH801です。
2020-04-02 10.08.09

レベルチェッカーでレベル測定をします。
信号品質は問題ありませんが、受信レベルが低いのでブースターを導入致します
2020-04-02 10.06.58
2020-04-02 10.07.53


続いてBSアンテナを取付けます。こちらもDXアンテナ製 4K8K対応 BC453Sです。
2020-04-02 09.44.17


こちらも取付け金具を水平に注意しながら取付けます
2020-04-02 10.47.27


本体を取付けレベル確認をします。数値は問題御座いません。
2020-04-02 10.55.45-1
2020-04-02 10.06.58
2020-04-02 10.56.23-1


既設ケーブルの導通も事前にチェックしておきます。同軸チェッカーを使用して確認です。
2020-04-02 09.34.11


導通があるとマイク部分が「ピーピー」となり、確認が出来ます。便利です。
2020-04-02 09.34.36
2020-04-02 09.35.29


ブースターに各ケーブルを接続し利得調整をします、利得の数値は取説の表記に
準じます

ブースターもDXアンテナ製 4K8K対応 GCU433D1Sです。
このブースターはUHF帯の利得を33db、43dbを選べるので弱電界でも使えますね
2020-04-02 11.28.42
2020-04-02 14.57.09
2020-04-02 11.43.42


最終的にTV端子で実際レベル等を測定して終了となります。
数値はUHF,BS/CSとも良好です。
2020-04-02 11.49.53-1
2020-04-02 11.52.12


以上で作業完了です!
2020-04-02 12.25.37-1



アンテナ工事のお見積りは無料で御座います。
お気軽にお問い合わせ下さいませ!

有限会社小川冷熱電機工業 03-3995-0135

http://www.ogawa-reinetsu.com/index.htm