小川冷熱業務ブログ

エアコン工事・電気工事・アンテナ工事 ・防犯カメラ工事等 一般住宅から法人・業務用まで。東京都練馬区の小川冷熱電機工業の業務日記

アンテナ工事

共同受信用BS/CSアンテナ更新工事

こんにちは、今回は集合住宅に設置されている衛星アンテナの交換工事をご紹介致します。

現状ですが、アンテナは屋上に設置されており既に故障して受信不可とのことです。
既設アンテナは75形です。
58


今回交換するアンテナはDX製CSBSA751です。
50
17


まずは既設アンテナの取外しから始めます。
07
56
48


新規アンテナを取り付けます。
42
05


仰角を合わせ、測定器でアンテナの適切な方向を確認します。
08
57


アンテナ側の設置が決まったら今度はブースター側でレベル等をチェックします。
54


受信状況は良好です。
06


測定器にはチューナーが内蔵されているので直接モニター出来ます。
26



以上で作業完了です。
50


弊社では共同受信用アンテナ工事も行っております、
お見積りは無料で御座います、お気軽にお問い合わせ下さい。

有限会社小川冷熱電機工業 03-3995-0135
http://www.ogawa-reinetsu.com/index.html


BS/CSアンテナ移設工事

今回はBSアンテナの移設工事をご紹介致します。

御用命内容は「アンテナ受信方向にある木々が近年伸びてきて、受信状況が悪くなった」
とのこのです。
今回工事は弊社HPよりご依頼頂きました、有難うございました。
アンテナは建物2F壁面に設置されており、受信方向には確かに木々が伸びています。
03
15


既設の場所でアンテナ方向を調整しましたが受信状況は変わりません、
ですので今回工事では既設アンテナを取外し、屋根上へと再設置致します。
まずは、マストの組立です。下記画像のマストはBS/CSアンテナ専用で御座います。

44



マストを組立後、屋根上へ設置致します。
また、BSアンテナのみの場合は必ずターンバックルを使用し、アンテナずれを防ぎます。

32
39



アンテナ本体を設置し、レベル確認等を確認して完了です。
56


移設工事後は受信状況が大幅に改善しました。受信レベル、CN比も問題御座いません。
衛星アンテナの受信はかなりシビアで、わずかのズレでも受信不可になります。
以上、BSアンテナ移設工事のご紹介でした。

三菱電機 天カセ型マルチエアコン工事

こんにちは。

8月は忙しく、工事ブログのアップが出来ませんでした。
9月も半ばで夏もいよいよ終わりに近づいているようですね。

今回は天カセ型マルチエアコンの施工例をご紹介いたします。
現場はデザイナーズマンションの1室です。

現状ですが、2LDKの間取りに3箇所室内機が付いています。
34

47
 56


まず、室外機でポンプダウンを施し室外機、室内機を撤去致します。
47
24


今回の入替えでは、2.2kwが2台、2.8kwが1台なのですが、
2.2kwタイプは開口や吊り位置は既設機器と同寸法なので容易ですが、
2.2kwタイプは大きく開口、吊り位置が違いますので加工が必要になります。
まず、縦寸法の開口を広げます。
47


吊りボルト位置も違うので、アンカーを打ち直します。
44
26
11


続いて配管、ドレン管を手直しし、室内機を設置します。
45
01


室内機を3台設置後、室外機の設置をします。
49
24

 
室内機パネルを取付ます。
2.8kwタイプは既設機器より横寸法が 小さいため開口が露出してします。
この場合はワイドパネルを使用するのですが、今回は内装工事が入るため、
ボードで埋める事になりました。
 45
31
40

試運転後工事完了となります。
今回の工事は既設機器も三菱電機でしたので比較的容易な工事となりました。
では、また次回に。 

地上デジタル平面アンテナ工事 デジキャッチフラットアンテナ使用例

こんにちは。

最近は雨模様が多く、屋外の仕事がはかどりません・・・・・・
早くお日様が見たいですですね~

今回はDXアンテナ製 「デジキャッチ フラットシリーズ」を使用した施工例を
ご紹介いたします。
今回の案件は弊社HPよりご依頼頂きました、 有難うございました。

現状ですが、光ファイバーでTVを視聴されており、 そこからの移行となります。
アンテナ設置場所は2Fベランダ壁面でレベル確認が出来ました。
27


では、施工開始です。
いつもの様にベース裏にコーキングを施し、水平をとりつつ壁面に取り付けます。
23
 20


続いて本体を取付、受信方向をレベルチェッカーで確認します。
58
24



ご覧のようにCN比は問題ありませんが、レベルが低いですね。
よってブースターを取り付けます。

ブースターは最近モデルチェンジしたDXアンテナ製のBU433D1です。
このブースターの特徴は33db、43dbの両方が使えるデュアルブースターです。
今までは33形、43形は別々のモデルでしたのでこれは画期的です。
24
04

 
ブースターをアンテナ裏側に設置します。
画像ピンボケです・・・・・・
 05


電源部は室内に取り付けます。
25


ブースター設置後、再度レベル測定をします。
各チャンネルとも85~90dbとなりました。良好です!
51


本体設置後です。
27



ご覧のように受信状態も問題なく、作業が完了致しました。
今回の案件の様に、光ファイバーやCATVからの移行工事は、
設置後のランニングコストが全然違います。
有料でTVをご覧の方は一度ご検討してみてはいかがでしょうか?
お見積りは無料です。

http://www.ogawa-reinetsu.com/index.html

ではまた次回に。
 

集合住宅向け 共同受信アンテナ工事

こんにちは。
今年最初の工事ブログとなります、本年も宜しくお願い致します。 

今回は集合住宅における共聴用アンテナ工事例をご紹介いたします。
今回の案件は物件オーナー様よりのご依頼となります、有難うございました。

現状ですが、分配数が約30端末の新築物件です。
ケーブル工事は既に済んでおり、アンテナ設置、ブースター設置、分配器設置が
主な工事の流れとなります。
33

 
まずはアンテナの設置を行います、建物屋上出入り口脇に引き込み線が来ています。
02


今回使用するアンテナは、UHFはDX製UWN201、BS/CSはDX製BC502APです。
48
55


アンテナの大きさです、共聴用ですのでUHFアンテナは大きく作りがしっかりしています。
 10
22


マストを壁面に取付します、いつもの様にサイドベース裏にコーキングを施し、
水平器で水平を出します。
 41
34



マストにUHFアンテナを取付、アンテナ方向を決めます。
現場は見通しがよく、受信レベルも問題御座いません。 
56
42


続いてブースターの取付です。建物側面にMDFがあり、その中にブースターを
取り付けます。各階に行くケーブルもこちらに来ています。
 53


今回使用する共聴用ブースターはDX製CUF45Y1です。
 49



MDF内にブースター、分配器を取り付けます。
58


続いて各階に設置されているMDF内に分配器を取り付けます。
ケーブルは既に来ている為、接栓取り付けます。
建物は3階建てなので3箇所で同様の作業を致します。
59
32
05


全ての配線接続が済んだら、各部屋にてレベル測定をします。
UHF、BS/CSとも良い数値が出ています。
24



全てのアンテナを取付が完了した状態です。
40

 
以上、共聴用アンテナ工事のご紹介でした。
弊社では小規模集合住宅からビルの共同受信工事も致しております。
お見積りは無料で御座います、お気軽に問い合わせ下さい。
 http://www.ogawa-reinetsu.com/index.html
 

有限会社小川冷熱電機工業

エアコン工事・電気工事・地デジアンテナ工事なら一般住宅から法人・業務用まで、東京都練馬区の小川冷熱電機工業にお任せ下さい

エアコン工事・電気工事・地デジアンテナ工事の小川冷熱電機工業(東京都練馬区)ホームページはこちらから

ギャラリー
  • ◆ルームエアコン取付工事・室内配管カバー使用例(マンションダクト)◆
  • ◆ルームエアコン取付工事・室内配管カバー使用例(マンションダクト)◆
  • ◆ルームエアコン取付工事・室内配管カバー使用例(マンションダクト)◆
  • ◆ルームエアコン取付工事・室内配管カバー使用例(マンションダクト)◆
  • ◆ルームエアコン取付工事・室内配管カバー使用例(マンションダクト)◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆
  • ◆業務用天井カセット形エアコン取付工事・分岐ダクト工事◆